我が青春の「GS(グループサウンズ)」そのⅠ 1966年編

画像GSと書いてグループサウンズの事だと分かる人だけ読んでください。
そこの若い人、ガソリンスタンドではありませんよ(冷笑)。
和製英語もいいとこのGSですが、これに熱中した女の子と、この人気にあやかろうとギターを手にした若者たちの一人、Porchの若かりし頃の思い出話です。オジサンのあの頃は良かった話ですが、3回も続く予定ですので読みすぎにご注意ください。

小学校から中学生にかけて、青春というにはちょっと早い思春期のBGMとしていろんな場所でGSは流れていました。音楽を好きになったきっかけの一つですね。
今でもたまに無性に聞きたくなってMP3にしたGSを持ち歩いるているくらい。疲れたときとかの常備曲なんですよ。この頃の曲は覚えやすく、それでいて歌謡曲嫌いだった僕に鮮烈なインパクトを与えてくれました。

画像1960年代後半、大きく花開いたグループサウンズブーム。
それまでの歌謡曲や演歌とは違うポップなサウンドに乗せて、長髪の若者たち(スーツ姿の大人のグループもいました)がステージで歌い、飛び跳ねるグループサウンズ。熱狂して失神する女性フアンまで現れる社会現象となりました。
それまでのロカビリーなど、外国からの借り物の音楽(外国の曲に日本語の歌詞を無理やり載せたものが殆ど)として始まった日本のポップスが、プロではない作詞、作曲者によって和製ポップス、J-POPへと変わっていく過渡期に生まれたあだ花だったのかもしれません。でも僕を含め日本中の若者が熱中した新しい音楽だったんです。※それまでプロの作詞、作曲家はレコード会社の専属だったため、師弟制度が幅を利かせており、新しい作家は登場しにくかったようです。

画像実はグループサウンズブームは意外と短く、1966年から1968年くらいまでのわずか3年間にたくさんのグループがデビューしました。
ブームの終焉は早く、レコードセールスは急激に落ち、グループは次々に解散、ある者は歌謡曲、演歌を歌い、また役者へと転進した人も多くいました。
しかし、その短い間に堺正章、沢田研二、寺尾聡、萩原健一等のスターを輩出、故井上忠夫(井上大輔)、大野克夫、加瀬邦彦などの作曲家が生まれ、今も活躍するすぎやまこういち、筒美京平などの作曲家がヒット曲を連発、日本の音楽界の革命期だったと言えるでしょう。





■1966年 ブームの始まり
画像この年は、既にデビューしていたブルーコメッツ、スパイダースに初めてのヒットが出ます。
青い瞳(ブルー・コメッツ)」「夕陽が泣いている(スパイダース)」は、当時としては斬新なアレンジで、ビートルズかベンチャーズでしか聴いたことのないようなポップなメロディに分かりやすい日本語の歌詞だったためか、たちまちヒット曲となりました。
この年末には「想い出の渚」で、ワイルドワンズがデビューし大ヒットします。
※ブルーコメッツの「青い瞳」は、当初日本の曲としてではなく、英語の歌詞で外国曲扱いとしてリリース。後に日本語詩になりヒットします。
※専属ではない作曲家(井上忠夫)の曲だったため外国曲扱いのほうがリリースしやすかったらしいです。




< その時Pochiは? >
当時は小学6年生。音楽の成績はアヒル(5段階の2)、楽器も弾けず、レコードプレーヤーも家にはなく、音楽からは遠い生活だったように思います。5年生のとき父親に連れて行ってもらった怪獣映画と併映されていた「若大将シリーズ」にハマってましたね。
まだグループサウンズという呼び名もなく、ロカビリーの延長のように扱われていたGSより、人気絶頂の加山雄三に興味があった頃です。
エレキの若大将」で加山雄三への憧れはピークになり、部屋にポスターを貼り、崇拝(笑)していました。
音楽の成績が悪く音痴なくせに、作曲をして、それを歌うと心に決めましたが、特に何かをしたわけでもありません。というか、どうすれば良いかも分かりませんでした。
この頃、母が手芸の先生をしており帰宅が遅いため、定時で帰宅する父が作る料理がお袋?の味として残ってます。この頃、現在の味覚が形成されたんでしょうか、男の料理に魅力を感じ始めます。
自分では頭が良いと思っていた(「貴方はやれば出来るんだから」は今も座右の銘)小学校1年から、ずっと同クラスのk子ちゃんに、淡い恋心を抱くも成績、絵、更に音楽でも勝てない状況が6年目に突入した年。・・・確か体育も勝てなかったスーパー少女が初恋(片思い)の相手です。その頃から女性に頭が上がらない?


<1966年のデータ(Pochiの記憶に残ったもの)>
■1月「ウルトラQ」放送開始 →怖かったですね。
■1月 「ハワイアン・センター(現スパリゾート・ハワイアンズ)」が開業。フラダンスがブームに。→19歳のとき初めてバイト先の慰安旅行で連れて行ってもらい、感激しました。
■6月 ビートルズ来日 →まだ英語の歌に興味がわきませんでした。
■7月 「ウルトラマン」「マグマ大使」放送開始 →僕はマグマ大使派

加山雄三の人気がピークとなり、「夕陽は赤く」B面「蒼い星くず」、「お嫁においで」、「夜空を仰いで」B面「旅人よ」がヒット。B面の曲までもヒットしたのは日本のレコードでは初の出来事。→映画で観た若大将の茶碗の持ち方(人差し指と親指で輪を作り乗せる。他の指は使わない)を真似して怒られました。
■荒木一郎「空に星があるように」、森山良子「今日の日はさようなら」、プロードサイド・フォー「若者たち」がヒット。オリジナルのフォークソングがヒットし始めた年でもあります。→漠然とギター弾きたいと思ってましたが、どうすればよいか分からなかった。後に通信教育(ソノーシート付)でギターを覚えます。

流行語:「シュワッチ」「こまっちゃうな(by山本リンダ)」「びっくりしたなぁもう」


<1966年 GSデータ>
■ザ・スパイダース
画像堺正章(ヴォーカル) 井上順(ヴォーカル)
田邊昭知(リーダー、ドラムス タモリ、研ナオコが所属する田辺エージェンシーの代表。アイドルだった小林麻美の亭主。富山で彼女のプロモーションの前座をやったことがあります。綺麗でしたね)
かまやつひろし(サイドギター 元ロカビリー歌手、森山良子のいとこ)
大野克夫(オルガン 後に沢田研二の「勝手にしやがれ」「時の過ぎ行くままに」などを作曲)
井上孝之(リードギター 後に「太陽に吠えろ」のテーマを作曲) 加藤充(ベース)

ヒット曲:ノー・ノー・ボーイ」2月1日発売 「夕陽が泣いている」(島倉千代子の「人生いろいろ」や「バラが咲いた」の浜口庫之助の作曲)9月15日発売 「なんとなくなんとなく」12月25日発売


■ジャッキー吉川とブルーコメッツ(故:井上忠夫以外のメンバーで現在も活動中)
画像井上忠夫(フルート・サックス・ヴォーカル、後に井上大輔の名前で機動戦士ガンダムの主題歌「哀・戦士」「めぐりあい宇宙」などを歌う。また、葛城ユキ「ボヘミアン」郷ひろみ「2億4千万の瞳」フィンガー5「恋のダイヤル6700」「学園天国」などを作曲。2000年5月末、没)
ジャッキー吉川(リーダー、ドラムス) 高橋健二(ベース) 三原綱木(ギター・ヴォーカル 86年にフジテレビの「ものまね王座決定戦」などの演奏で有名なザ・ニューブリードのバンドマスターへ、現在はヒデとロザンナのロザンナとも活動中) 小田啓義 (オルガン・ピアノ)

・ヒット曲:青い瞳」7月10日発売 「青い渚」9月1日発売 「何処へ」(真理村ゆき子作詞・作曲。先生モノのテレビドラマ「何処へ」の主題歌) 12月5日発売 「何処へ」は加山雄三主演で映画化、映画の主題歌は加山雄三の「旅人よ」


■ザ・ワイルドワンズ(加山雄三が名付け親。現在もオリジナルメンバーで活動中)
画像加瀬邦彦(リーダー / リードギター 後に沢田研二「危険なふたり」「TOKIO(作詞はコピーライターの糸井重里)」アンルイス「女はそれを我慢できない」などを作曲)
鳥塚繁樹(サイドギター) 島英二(ベースギター)植田芳暁(ドラムス) 後に渡辺茂樹(キーボード / フルート)が一時的に加入。

・ヒット曲:想い出の渚」11月5日発売でデビュー








■ザ・サベージ
寺尾聡(ベース、ヴォーカル 名優、宇野重吉の長男。「ルビーの指環」がヒットしたのは1981年) 奥島吉雄(ギター、ボーカル)  渡辺純一(ドラム) 渡辺昌宏(ギター) 林廉吉(ギター)

・ヒット曲:いつまでもいつまでも」7月1日発売でデビュー 「この手のひらに愛を」10月15日発売
画像画像

















「我が青春のGS そのⅡ 1967年編」へ つづく
「我が青春のGS そのⅢ 968年編 」はこちら

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 40

なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス

この記事へのコメント

2009年05月13日 07:28
残念ですが、ほとんどの曲が歌えます。って言うか体に染み込んで
います。ただ、ロックから入った私はGSの曲の物足りなさを感じて
いましたね。テレビ向けに演出され過ぎとの感があり、あの程度なら
俺だってとの反発もありました。GSブームが短かったのはこのあたり
に理由があるのではないかと思います。本物を求めて、心を求めて
フォークの世界へ当時の若者の耳が向けられたのはそんな理由からかも
知れません。いずれにしても懐かしいです。
2009年05月13日 08:29
そうだ
失神がブームでしたね~
懐かしい~
加山雄三は、興味なかったわね
2009年05月13日 09:35
GSは皆知ってるけど夢中にはならなかった
失神する意味がわかんなかったわね~
ヘトヘトさんと同じ
加山さんはもう少し上の年代が大騒ぎだったね
主演映画は見てたけど
Pochi
2009年05月13日 09:52
はぎさん。
音楽的には弱かったように思います。技術的にも未熟でアイドル性のほうが強かったんでしょう。
メンバーでオリジナルを作れるグループも少なかったせいか、歌謡曲ぽかった(歌謡曲の作曲家の作品も多かった)というのも理由ですかね。
結局グループサウンズって何? の答えが出ないまま歌謡曲に飲み込まれたんでしょうか。
僕もすぐに70年代アメリカンポップスに魅入られ、ギターもアコギでフォークソングからニューミュージックをやってました。
でも、今もなぜか引っ張り出して聞いちゃうんですよ。カラオケも酔っ払うとコレですね。
Pochi
2009年05月13日 09:56
もうヘトヘトさん。
子供心に、このおじさんが大学生? って目で加山雄三を見てました(笑)。
映画は、毎回観にいってましたが歌は1年くらいですぐヒットしなくなったように思います。
あの頃10代後半から20代前半の人がGSに夢中になってたんですかね。
Pochi
2009年05月13日 10:00
小梅ばぁ♪さん。
加山雄三ブームというのも短く、映画が続いた割には、レコードは67年頃からヒットしなくなってましたね。
もう少し上の年代のOLなんかが映画を観ていたんでしょうか。
失神ってニュースで見て嘘!と思った記憶があります。
2009年05月13日 10:03
ブームでしたものね・・
勿論私も、キャーキャー言っていた一人ですよ
今日の記事はGSの初期かな
思いでの渚は名曲ですし、今でも好きです

あの頃は、これが斬新で、カッコイイと思ってましたが
音楽的にはイマイチだったかも
歌は下手でも、長髪にエレキさえ持ってればって、酷評も聞いたことあるよな
そんな点で、ブームが終わるのも早かったのかも・・
Pochi
2009年05月13日 10:31
美々さんの好きな「夕陽とともに(ワイルドワンズ)」は67年夏の曲ですね。
確かにギター持って長髪というだけのグループもブームの中沢山でてきますが、印象に残っているグループはあまりないですね。それでなくてもGSは一発屋も多かったですからね。後で一発屋もまとめてみようと思ってます。
「サハリンの灯は消えず(ザ・ジェノバ)」「トンネル抜けて(ダイナマイツ)」など・・・。
2009年05月13日 11:55
我が青春の「GS(グループサウンズ)」、懐かし~い
テレビやラジオで良く聴いていましたよ。
ブルーコメッツの「ブルーシャトー」は大好きでしたね。
時々、夫と二人で昔の音楽を聴くときがありますが、その時の若かった
自分を思い出して懐かしくなる時がありますが、良い音楽は時代が流れ
てもやっぱり良いですね~。
Pochi
2009年05月13日 12:04
ブルーカナリヤさん。
ご夫婦ともドンピシャ(死語)世代だったようですね。
今はCDや、ダウンロードで手軽に昔の音楽が手に入りますから、あの頃へ帰るのも簡単(気持ちだけ?)ですよね。
あの頃の作家さんは、長く残る歌をたくさん作ってたような気がします。
覚えやすいメロディでしたよね。今の歌は・・・・難しい・・・。
2009年05月13日 13:49
Pochiさん、お疲れ様です。すごい情報の洪水で溺れそうでやんすよ。
わたくしは、このあとに登場しそうな?グループに夢中だったかなぁ~!
ブルーコメッツだけがNHKに出るのを許されたという、なんとも時代がわかる古~い話ですよねぇ。すぎやまこういち・・この人の曲をいっぱいもらったグループにはまり、そしてその後は、彼が担当したドラゴンクエストにはまり・・・
だって彼の曲ってすごく良いとおもうんだもの。
Pochi
2009年05月13日 13:59
さつき緑さん。
○回目にしてようやくさつき緑さんのツボを押さえられそうですね。
次回は、そのグループがデビューする1967年編ですよ。
お楽しみに。ポスターの前で叫んでてください。
2009年05月13日 19:21
GSは、おおまかなところしか、わからなかったのですが、Pochiさんの解説でよく、わかりました~。
Pochiさん、ギター、弾けるんですね~。スゴイ!!私はギターはダメでした~。指が届かなかったり、コードが覚えられませんでした^_^;
「若者たち」は、小学校のときの恩師が、好きだった歌で、教えてくれたので、今でも覚えています。今歌ってみると、歌詞がズンと胸に響きます。
Pochi
2009年05月13日 19:48
ちっちとなっちゃん。
年代が違いますよね。チェッカーズあたりが世代でしょうか。
今うちの娘(かなり手は小さい)が始めましたが、苦労してますけど何とかなりそですよ。もう一度挑戦しませんか。
「若者たち」はテレビドラマと映画になりました。田中邦衛の演技が評判だったんですよ。
てんちゃん
2009年05月13日 20:31
うっわぁぁ~~懐かしすぎて一瞬失神しちゃいましたとっても整理された文面でまるで音楽雑誌を読んでいるみたいですPochiさんの編集手腕に脱帽~シリーズ
楽しみにしています
Pochi
2009年05月13日 20:44
てんちゃんも、ドンビシャ世代ですか?
次回はピークの年1967年です。
ブームを代表するグループが出揃います。
もう40年以上前の出来事ですが、音楽以外も懐かしく思い出せますよ。
2009年05月13日 21:43
なっつかしいなあ。
もう大学生でした、私は。
2009年05月13日 21:44
グループも曲も知っております。
が、’66ですよね。
まだ生まれてませんでした(^_^;)
2009年05月13日 23:40
pochiさん今晩は!
小学生だったpochiさん、山羊座は高校2年生青春ど真ん中。
出来事がリアルタイムで進行していましたね。
ちょうど、学校の仲間とバンドを結成した頃でした。
それも、ベンチャーズやビートルズではなくてGSでした。
コピーしたのは、テンプターズ、モップス、ワイルドワンズ、と
何故か、ローリング・ストーンズの曲を数曲、
テンプターズの曲は、「忘れ得ぬ君」「今日を生きよう」「ストップ・ザ・ミュージック」
バンドリーダーが、「ショーケン」と友達でした。
GSは流行始めるきっかけは、ベンチャーズ・ビートルズの存在です。
このバンドが、いなければギターを覚えることの無かったと思うし
バンドを組むなんて無かったと思います。
pochiさん、ありがとう
忘れかけていた事を思い出し一枚の写真をみっけました。
ブログに載せますね
サンキュー
2009年05月14日 00:09
こんばんは^^
懐かしいですね~~^^
私が好きだったテンプターズが・・
ないよ~??(笑
マグマ大使。見てましたよ~♪
江木俊夫が、のちの
フォーリーブスのメンバーに
なった時はちょっと
ビックリだったけど^^
春便り
2009年05月14日 00:15
懐かしいです
クラスでテンプターズとザ・タイガース派に分かれていました
私は ショーケンとピーが好きでした
高校の時オックスを見に行って友達8人が停学になった思い出?が
あります あくまでも友達の話です

青い瞳 探して聞きたいです
Pochi
2009年05月14日 10:24
gakkokamenさん。
では、ビートルズ世代、ロカビリー世代でしょうか。
懐かしい当時の事、彼女の事など思い出してもらえれば・・・・。
Pochi
2009年05月14日 10:27
カフェイン中毒さん。
そうですよね。でも、生まれる前の曲を何故しってるんでしょう?
年をごまかしているか、過去の何かがカフェイン中毒さんに・・・・。
ベストテンがGSで埋まっていたように思いますが、歌謡曲も演歌も結構していたようです。
Pochi
2009年05月14日 10:31
山羊座さんは、ビートルズからかと思ってましたが、GSバンドだったんですか。写真見ましたが、もてたでしょうね。
女の子にもてたいからが、ギター始めるきっかけだった人は多かったと思います。
あっ山羊座さんのことじゃないですよ。
この頃のGSはステージでカバー曲やる事も多かったのを覚えてます。海外の曲を知るきっかけにもなりましたね。
Pochi
2009年05月14日 10:34
サリーさん。
テンプターズは翌年の67年末に「忘れえぬ君」でデビューします。
次回の67年編にはたっぷり載せますよ。お楽しみに。
フォーリーブスは確か68年のデビューかな。
Pochi
2009年05月14日 10:43
春便りさん。コメントありがとうございます。
ピーはタイガースのドラマーですよね。しぶいなぁ。
フアンまで失神騒ぎになったのがオックスでしたね。
レンタル屋さんにはブルーコメッツのベスト版があると思いますよ。
「THE TALES OF BLUE COMETS PAST MASTERS 1965-1972(2枚組)」これは僕も持ってますが、シングル全曲(青い瞳英語版含)入っているお奨めです。

2009年05月14日 14:16
出遅れました・・そう、私も次回辺りがドンピシャかな。
ブルコメはもう大人のグループって言う感じで髪も7:3だしいつもスーツでしたね。フルートを持って歌う井上さんカッコ良かったです。B面だった「甘いお話」が好き・・
4人姉妹で私だけ芸能人(GS)に夢中になって「ミーハー」って言われてました。ぐやぢい!
Pochi
2009年05月14日 14:31
リサさん。
「甘いお話」なんて知ってるとは?
「心の虹」のB面「すみれ色の涙」もお好きなんでは?
あとで、岩崎宏美がカバーしてましたよね。
4人姉妹で、一人だけ感受性が強いナイーブな女の子だったということで。
2009年05月14日 15:50
はじめまして たかちゅう と申します。
遊哉さんのところでよく
お見かけしていまして
お初によせてもらいました。

話題に微かについていける年頃ですが
マグマ大使って66年だったんですね。
北海道では月曜日の夜放映してました。

GSといえば失神^-^
それにしても赤松愛さんは
ボクサーを経て
今頃何をなさっているんでしょうねえ・・・

こんごともご贔屓にm(_w_)m
Pochi
2009年05月14日 16:08
└|∵|┐高忠┌|∵|┘ さん。
はじめまして。僕の田舎富山ではマグマ大使、日曜日の18:30だったように思います(サザエさんの後?・・・人間モドキというのが怪人ででてましたが、日本語だとは知りませんでしたね)。
GSに関しては、遊哉さんがドンピシャの年代かと思いますので、僕より若い方は知らない曲のほうが多いでしょうね。
CGクリエイターとか。僕はプログラムも絵も描けないゲーム屋です。
これからもよろしくお願いします。
P.S.赤松愛さんは、大阪で実業家らしいですよ。
2009年05月14日 17:14
すみませ~ん。
どのGSも知りませんでした。
でも・・・先日娘に『スマップはおじさん』と言われ
世代の違いを実感したんです。
ちなみに・・・さとこさんの青春は・・・吉川晃司です。
Pochi
2009年05月14日 17:49
さとこさん。
そうでしょうね。TOKIOもV6もKinKiも立派なおじさんですから。
さとこさんにとって沢田研二や萩原健一、加山雄三なんておじいちゃんのぶるいですよね。
今も活躍している人の過去の話と思って読んでください。
「その時歴史は変わった」を見るつもりでどうぞ。
リサ
2009年05月14日 21:46
V6FC会員番号2216○○番のリサです。おじさん言うな~ρ(`D´#)最年長は37だけど最年少はまだ28だもん!(この年になってもやっぱりミーハー)
P・S・「すみれ色の涙」は岩崎宏美さんのしか知りませんでした~。
Pochi
2009年05月14日 22:03
リサさん。すんません。すんません。お許しを!!
V6は違います。もちろん岡田君も違います。ハイ。
すみれ色の涙は、68年にリリースされました。「甘いお話」と同じ小田啓義さんの作曲でした。
さとこ♪
2009年05月14日 23:47
本当に懐かしい歌が並んでいます。
私は、まさにGS世代でした。
特に、好きだったのは、ザタイガースでしたが
その頃は、ザテンプターズ派に、分かれていました(笑)
カラオケに行くと、GSのメドレーがあるので、最後に
友達と行って、盛り上がっています♪

この時代は、テレビでも、歌番組が多かったです。
録音するのは、ラジオからで、それで覚えて歌ったものです。
雑誌の明星などを買って、ジュリーの切り抜きを集めたりしていました♪
2009年05月14日 23:53
こんばんは~~
すごい情報ですね~~
会社の先輩が沢田研二さんの大ファンで去年煮てきましたよ~
なんか来てた人が会社の先輩よりまた年代が??上の人が多かったなぁ~

でも昔の歌の方が歌いやすいかも~~
Pochi
2009年05月15日 00:21
さとこ♪さんも、この年代ですか。
カラオケは、ずっと歌いたいので、メドレーではなく、一曲ずつ歌います。
酔っ払ったらメドレーかな。沢田研二もいっぱい歌いますよ。
Pochi
2009年05月15日 00:23
サマンサさん。
僕も年末のコンサート行きたかったんですけど、仕事で台湾だったんですよ・・・。
テレビで見ましたが、今もパワフルですね。
僕も60歳目指してがんばらないと!!
mii
2009年05月15日 10:49
えっと~私は・・・とくにファンだったグループはいなかったけど
歌はタイガースやテンプターズかな~ジュリーもショーケンも
かっちょ良かったですね~
赤松愛さんのさらさらなマッシュルームカットは
気になっていましたね
その後のショーケンの・・・前略おふくろ様が大好きでした
話がずれてすみましぇ~~ん(ペコペコ)
Pochi
2009年05月15日 11:13
miiさん。
ショーケン、昔はいい役者でしたね。最近は色々あって見ることも少ないですが、「青春の蹉跌」という映画は、(桃井かおりと共演)青春の挫折、犯罪とSEXなどをリアルに表現されていて、印象に残ってます。
次回は、タイガースやテンプターズがデビューした1967年編ですので、お楽しみに。
2009年05月15日 13:29
今回はお兄さんやお姉さんのGSって感じですね。
次回がとっても楽しみです。(人間モドキはマグマ大使だったのね。ゴアの手下?食いつくとこが違う?)
テルテル
2009年05月15日 15:03
Pochiさん
お礼のコメントを・・・と思ったのですが未だ視力が本調子でないようなので後日にさせて戴きます。
スミマセン。
Pochi
2009年05月15日 17:17
らすくさん。
そうか、ちょっとしたの世代なんですね。
若いなぁ。でも息子さんたちは巣立ってるし、羨ましいですよ。
そうです。人間モドキはゴアの手下です。でも、なんちゆう名前だったんでしょう。
Pochi
2009年05月15日 17:20
そんな、お礼なんて言われることしてませんし。
こんな時期に、こんな文字の多いページは苦痛だったでしょう。
テルツマさんのおかげで、テルテルさんのお顔も見ちゃいましたが、あの眼帯?というか包帯が取れるまで目は大事にしてください。
2009年05月15日 17:46
GS.懐かしいですね。曲だけでなく、その頃の自分が思い出されます。
友達と親に内緒で“タイガース・テンプターズ”のコンサートに行きました。椅子の上に乗っても見えなくて、椅子の背もたれの上に乗って「キャー」と黄色い声援を送ったことも。。。 今思うと、信じられない。
若い頃の自分って、笑っちゃいますね。
五月蝿い毒ハエ さつき緑
2009年05月15日 20:04
ね~!タイガースはまだかよ!早くしないとヒゲむしるぞ!
Pochi
2009年05月15日 20:14
ケセラセラ子さん。
ほう、熱狂的なフアンだったんですね。
その大好きだったタイガースとテンプターズは1967年のデビューです。
何処かのお嬢さんが五月蝿いので、今晩徹夜してでもアップします。
Pochi
2009年05月15日 20:16
さつき緑さん。
おじさんは、まだ仕事中なんだよ~。
お願いだから髭はむしらないでくれ。
ネズミが取れなくなっちゃうから。
今日、帰ったらアップするから、ね。いい子にして待っててくださいな。
2009年05月15日 20:47
ここは50代以上のブログとありますので60でも70でも80でも
50代以上ですね♪ 幅がありますね~
GS=ガソリンスタンド
「亜麻色の髪の乙女」とか「街の灯り」が好きでしたね~
あの頃いくつだったろう~

初コメです~よろしくお願いしますm(__)m

2009年05月15日 21:31
こんばんわ。
僕の初めてつきあった子がガソリン屋の娘さんでした(って関係ありませんが!)。
改めまして、すごくわかり易く、当時の方々が今何をされているかというのが克明に記述されていて感動させていただきました。
僕とGSの最初は「ブルー・シャトー」ですかね。森の(りたま~)泉に~♫と当時は小さい子でも歌っていたようです。高校時代にタイガースが復活した時にGSは一応聞きあさったので、何となく名前はわかりますよ。つづきも楽しみにしてます!
2009年05月15日 21:32
pochiさん、ご無沙汰です~(^ ^*)
わわ、懐かしい歌の特集ですネ!ザ・スパイダースの[ノーノーボーイ]は私の父が好きで今でもたまに歌ってたりします♪カラオケに連れて行くと祖母とマイク持ってふたりで熱唱...あの頃の思い出が走馬灯となって駆けめぐるらしいです(笑)

ちなみに..。GSをりぃこに「これなんて読むか判る??」って聞いてみると案の定「?..わかった!ガソリンスタンドでしょ?!」って(爆)
Pochi
2009年05月15日 22:23
エーデルワイスさん。
えーー、女性にお年を聞くなんて事はしませんが、GS=ガソリンスタンドの年代ということでよろしいでしようか。
「街の灯り」はマチャアキのソロになってからの曲で、1973年6月の曲ですね。
「さらば恋人」「涙から明日へ」のあとの曲です。あの頃の堺正章はいい曲歌ったましたね。
これからもよろしくお願いします。
Pochi
2009年05月15日 22:27
いしちゃんちの父さん。
ガソリンスタンドの娘さんお元気でしようか。
感動だなんて・・・そんな良いものじゃないと思いますが、調べるのには時間かかりましたね。その分中身は濃くなりました。←自画自賛。
今晩には、1967年編アップしますよ。
Pochi
2009年05月15日 22:33
沖縄のリサさんのお父さんと同年代ですか・・・・。
ちょっとショックかも。
スパイダースの「あの時きみは若かった」は、まさに今歌う曲です。
長野へ行ったらまた始めてくださいね。ラッシーが早くいけるよう祈ってます。
遊びに来るのは大歓迎ですので、ネットカフェからでも、たまには来てくださいね。
2009年05月16日 07:15
お早うございます。
翼状片の手術に暖かい励ましのコメントを戴きまして有難うございました。
昨日の検診にて入浴・洗髪・髭剃り等の許可が出まして取り敢えずは人並みの生活に戻りつつあります。しかしながら未だ縫った糸が瞼にあたり痛いのと左目の視力が完全に戻っておりませんのでPC画面など連続で見続ける事が出来ず御礼の挨拶が遅れました事御容赦お願い致します。
これからおいおい以前の状態に戻して行きたいと思っておりますのでこれからも宜しくお願い致します。
またテルツマにもお付き合い戴き有難う御座いました。これからもテルツマ登場にも宜しくお願い致します。
Pochi
2009年05月16日 14:21
テルテルさん。
お礼なんてとんでもないです。
こっちから勝手に声援送ってただけなんで・・・。
どちらかというと、テルツマさんへですけど・・・・。
でも、順調に回復のようでよかったですね。
やまちやん
2010年04月12日 04:36
とにかく なっかしすぎて涙 が 出てきます
今 一番思い出しすのは愛のモトマチとゆう曲です 知っている方お知らせください

この記事へのトラックバック

  • 我が青春のGS そのⅡ 1967年編

    Excerpt: オジサンのあの頃は良かった話の第2回目です。 まだまだ懲りずに続く、今回は1967年編。 グループサウンズという言葉がGSとして定着。最初のピークを迎えます。 「我が青春のGS(グループサウンズ.. Weblog: 髭面オヤジの逆襲 ~ポチの「ひとりごと」~ racked: 2009-05-15 23:58
  • 我が青春のGS そのⅢ 1968年編

    Excerpt: オジサンのあの頃は青春だった話も、今日で3回目。 データ調べたり、記憶を総動員したりして、楽しむことができましたが、世代が違う方も沢山いらっしゃるので、このあたりでお仕舞いにしておきます。 ちょう.. Weblog: 髭面オヤジの逆襲 ~ポチの「ひとりごと」~ racked: 2009-05-17 22:40
  • ブログの写真。フリーウエアで綺麗にリサイズ。

    Excerpt: この2週間は土日を連続で休むことが無かったので、昨日から久しぶりにダラダラ・・・。 ゲームをしたり、古いPCの設定をゴソゴソ。 テレビの録画とゲーム専用機にするつもりなんですが、居間の42インチテ.. Weblog: 髭面オヤジの逆襲 ~ほぼ週刊「ポチのひとりごと」~ racked: 2009-07-12 02:06
  • お台場ガンダムと古(いにしえ)のロボットたち・・・。

    Excerpt: お台場のガンダム見てきました。 でもね・・・・ 「でっかい!」 「へぇー」 予想通り、それ以上は何もありません。だって・・・・ 今にも動きそうだげど・・・・、動かないんですよね。残念!! .. Weblog: 髭面オヤジの逆襲 ~ほぼ週刊「ポチのひとりごと」~ racked: 2009-08-08 23:57