我が青春のGS そのⅢ 1968年編

画像オジサンのあの頃は青春だった話も、今日で3回目。
データ調べたり、記憶を総動員したりして、楽しむことができましたが、世代が違う方も沢山いらっしゃるので、このあたりでお仕舞いにしておきます。
ちょうどブームの終わりごろは高校受験の勉強もしなければならず、しばらく音楽から遠ざかる年代。
深夜放送では、アメリカ、ヨーロッパのロックやポップスが沢山取り上げられ、より洗練された70年代ロック&ポップスへ向かう時でした。

そのⅠ1966年編はこちらから
そのⅡ1967年編はこちらから




■1968年 前年からのピークもこの年まで、翌年にはもうGSブームに陰りが見え始めます。
画像
沢田研二萩原健一が人気を二分。岡本信(ジャガース)、野口ヒデト(オックス)などがアイドルとしてもてはやされました。
前年のヒットを受けてレコード会社も高セールスを狙い、次々と新曲をリリースしますが、もともと歌謡曲とポップスの間にあったGSの曲は新しい方向性を見出だせずマンネリになり、翌年には急激にベストテンから姿を消していきます。その中で、当時ムード歌謡と呼ばれた曲調の「さよならのあとで」をヒットさせたブルーコメッツにフアンは戸惑い、GSというジャンルも迷走をはじめ、より歌謡曲へ近づいていきます。
画像




アイドルとしてのGSはまだ健在で、コンサート会場で失神騒ぎを起こすオックスなどがデビューしました。
タイガース最大のヒットとなる「シー・シー・シー(ワイルドワンズの加瀬邦彦が作曲)」、後にリバイバルヒットするタイガースの「花の首飾り(2001年リリースの井上陽水版が有名)」やヴィレッジ・シンガーズの「亜麻色の髪の乙女(2002年に島谷ひとみが歌いヒット)」がこの年リリースされます。




< その時Pochiは? >
作曲がしたい。歌が上手くなりたい。だから音楽を聴きたい。でも、お小遣いではレコードを何枚も買うことは出来ません(ラーメンが100円の時代に当時シングル一枚370円~400円でした)。

持っていない曲はテレビから録音です。今と違ってレコードからテープに録音する手段は、マイクのみ、歌番組の間、茶の間の家族全員を黙らせ録音していた記憶あります(迷惑な長男です)。テープレコーダーに歌をなんども吹き込んでは聞いて、音痴を克服。#や♭のない譜面を探して何度もその曲をテープで聞いて楽譜を覚えました。結果、苦手だった音楽は満点、通知表で初めて「5」を貰うという快挙。でも作曲の才能は別モンなんですよね。クラスの注目を集める事には成功しましたが、曲を作るようになるのはもっと後、「我が青春のフォークソング(←いつか書きます)」の頃になります。

この頃、付き合ってもいない女の子から、バレンタインに突然手編みのマフラー(当時カップルで一つのマフラーってのが流行りましたよね)を貰った為、妙な自信を持ってしまい、この勘違いが、後々までPochiの青春に暗い影を落とすことになります。


<1968年のデータ(Pochiの記憶に残ったもの)>
■ 1月 東京オリンピックマラソン3位の円谷幸吉が自殺 →強いはずのスポーツマンの死が、凄くショックだったのを覚えてます。
■ 7月 「少年ジャンプ」創刊 →親に隠れて「ハレンチ学園」を読んでました。
■10月 川端康成がノーベル文学賞受賞 →一冊も読んでなかったので、何の感激もなし。
■10月 メキシコオリンピック開催 →東京オリンピックのような興奮はありませんでしたね。

■「巨人の星」「ゲゲゲの鬼太郎」「妖怪人間ペム」などテレビアニメが大ヒット。→毎週この時間は何があっても必ず家に帰ってましたっけ。

■GSはこの年のヒットを最後に衰退していく中、歌謡曲や演歌にヒットが出て音楽界は賑わいます。フォーククルセイダーズの「帰ってきたヨッパライ」が大ヒットするなど、ジャンルは多様化していきます。黛ジュンの「天使の誘惑(第10回日本レコード大賞)」「夕月(故、三木たかし作曲)」が大ヒット。森新一など演歌にもヒットが出ます。フォーリーブス、和田アキ子がデビュー。

流行語:「サイケ」「指圧の心、母心」「破廉恥(ハレンチ)」「五月病」


<1968年 GSデータ>
■ザ・ゴールデン・カップス(その音楽性は広く認められていたグループ)
画像
デイヴ平尾
(ヴォーカル 2008年11月10日没) エディ藩(ギター) ルイズルイス加部(ベース) ケネス伊東(ギター) マモル・マヌー(ドラムス、ヴォーカル)

他にミッキー吉野(「銀河鉄道999」のゴダイゴ)、アイ高野(カーナビーツ、クリエイション) 柳ジョージ(レイニー・ウッド)らが一時在籍。

・ヒット曲:長い髪の少女(3枚目のシングル)」4月1日発売 デビュー曲は「いとしのジザベル」67年6月発売





■オックス (アイドルグループとしての人気は高く、ブロマイド売り上げ1位を記録)
福井利男 (リーダー・ベース) 岩田裕二(ドラムス) 岡田志郎(ギター) 野口ヒデト(ヴォーカル 解散後、演歌歌手に転向し真木ひでとを名乗る) 赤松愛(オルガン 失神の元祖)
後に田浦幸(オルガン 俳優に転向し夏夕介を名乗る)参加

・ヒット曲:ガールフレンド(デビュー曲)」5月5日発売 「ダンシング・セブンティーン」9月5日発売 「スワンの涙」12月10日発売 全曲、筒美京平が作曲
画像画像















<他のGSヒット曲>
■ブルーコメッツ 「心の虹(歌謡曲っぽい曲だったためフアンには不評)」B面の「すみれ色の涙」は後に岩崎宏美が歌ってヒット(1.25) 「白鳥の歌(平尾昌晃の作曲)」(4.25) 「草原の輝き」(6.30) 「さよならのあとで(完全な歌謡曲)」(10.15) 「雨の赤坂(歌謡曲としてヒットはしたものの、もはやGSグループではなかった)」(12.25)
その後フォーク、演歌、ムード歌謡など様々な路線を試み迷走、ベストテンに入るヒットは生まれなかった。
画像画像














■ザ・スパイダース 「あの時君は若かった」(3.5) 「真珠の涙」(6.5) 「黒ゆりの歌」(9.5)
最後までGSらしかったグループ。この後も同じスタイルを保ちシングルを出すが、ヒットすることはなかった。
画像画像














■ザ・ワイルドワンズ 「愛するアニタ(当初タイガースのために加瀬邦彦が作曲したもの)」(1.10) 「バラの恋人(新加入、16歳の渡辺茂樹のヴォーカルで大ヒット)」(4.10) 「花のヤングタウン(最後のヒット曲となる)」(7.10)
加瀬邦彦の作曲によるオリジナルをリリースし続けるが、ヒット曲には恵まれなくなる。
画像画像














■ザ・タイガース 「君だけに愛を(「君だけにぃー」)」(1.5) 「銀河のロマンス/花の首飾り」(3.15) 「シー・シー・シー(この曲がタイガース最大のヒット)」(7.5) 「廃墟の鳩」(10.1) 「青い鳥(タイガース初の森本タロウによるオリジナル曲)」(12.1)
この後加橋かつみ脱退(岸部シローが加入)後も「美しき愛の掟」「嘆き」「君を許す」などヒットを出すものの、チャートで1位を取ることはなかった。
画像画像














■ザ・テンプターズ 「神様お願い(アー、アアッンアーン神様お願いだぁー)」(3.5) 「エメラルドの伝説(「会いたい、君に会いたーい」のサビに世の女性はしびれました。この曲でテンプターズの人気はピークとなる)」(6.15) 「おかあさん(ヴォーカルは松崎由治、ショーケンはコーラスで参加)」(9.25) 「純愛(「腕に傷をつけて、腕と腕をあわせ・・」詩は難解だった)」(12.14)
テンプターズもこの年がピークで、「純愛」を最後にベストテン入りする曲はなくなった。
画像画像














■ヴィレッジ・シンガーズ 「亜麻色の髪の乙女(1966年に青山ミチのためにすぎやまこういちによって作られた「風吹く丘で」が原曲)」(2.25) 「虹の中のレモン/想い出の指輪」(4.25)これ以降、ヒット曲は出ていない。
画像画像















前年にデビューしたグループや、ブームに乗ってこの年デビューした数々のグループはヒット曲を出す事も無く消えていきます。大人気だったGSブームはこの年を境に急激に終焉へと向かっていったのです。

翌年中学3年生になった時は、もうGSという言葉が古臭く感じられるようになっていて、受験勉強に本腰を入れなければいけないことも手伝い、自分の中でも過去のものになっていきます。
次にPochiを音楽の世界に引き戻すのは、フォークソングからニューミュージックと呼ばれる音楽が新しい流れとして世に出てきた時。
深夜ラジオから流れるフォークソングを聞きながら、ギターも弾けず悶々とする日々はもう少し続きます。

<その他記憶にある主なグループ>
ザ・モップス
(よしだたくろうの「たどり着いたらいつも雨降り」をギンギンのロックでカバー) パープルシャドウズ(「小さなスナック」「別れても好きな人(こちらが本家)」は歌謡曲でしょう) ズー・ニー・ヴー「白いサンゴ礁」(遅れてきたGS、実力はあります。「未成年」という曲のB面「ひとりの悲しみ」は、尾崎紀世彦が歌ってヒットする「また逢う日まで」の原曲) ザ・ダイナマイツ(トンネル抜けて~と歌ってたと思います) ザ・ダーツ(「ケメコの歌」はザ・ジャイアンツと競作でした) ザ・ジェノバ(「サハリンの灯は消えず」なぜか好きでしたが、当時サハリンが何処にあるかは知りませんでしたが)
画像画像















他にもたくさん居たと思いますが、調べてみても曲と結びつかなかったり、ぜんぜん違うグループと勘違いしてたり・・・。考えてみると、もう40年以上前の出来事なんですね。
今でもMP3にして聞いているというのは、当時想像もできなかったことです。というより、自分が50代になる事なんか想像できない、青春というヤツの真ん中だったんでしょうね。
この頃から70年代に聞いた音楽は洋楽も含め、一生聞き続けることになると思います。



「ねぇ、おじいちゃん、なに聞いてるの? 」
「GS、グループサウンズ。これはね、おじいちゃんが中学生の頃、ビートルズっていう凄いグループがいてね。このビートルズとベンチャーズというインストルメンタルグループ、あっ、インストルメンタルというのは、歌がない演奏だけの曲の事でね、その影響を受けて日本で・・・・」

・・・・・・・・こんな会話を未来の孫と話したいなぁ・・・・・・。というか、娘よ結婚できるか?



あの頃を思い出して楽しんでもらえたでしょうか。

我が青春のGS そのⅠ 1966年編はこちらから
我が青春のGS そのⅡ 1967年編はこちらから



次回からは、いつものブログに戻りますが、たまには、自分の記憶の補正のためにも、こんな昔話を書いてみたいと思ってます。
いつになるか分かりませんが、「青春のフォークソング、そしてニューミュージック」を書いてみたいと思っています。※ギターを弾いて歌ってた頃、10代後半から20代、70年代ですね。





ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 36

なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた
面白い 面白い 面白い 面白い
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス

この記事へのコメント

2009年05月17日 23:00
この頃、付き合ってもいない女の子から、バレンタインに突然手編みのマフラーを貰った為、妙な自信を持ってしまい、この勘違いが、後々までPochiの青春に暗い影を落とすことになります。
↑これ、笑っちゃいました

ビートルズはやっぱりよかったですものね
こんなにたくさんのグループがあったにも関わらず、GSの終焉は早かったです
それには、音楽的なこともやっぱりあったのかも
幾つかの名曲も生まれてはいますが・・
でも、一世を風靡したのは事実ですから・・
次回のニューミュージック、楽しみにしておきます(=´ー`)ノ


2009年05月17日 23:07
兄貴のヨコで聞いていただけなので
Pochiさんの圧倒的なボリュームには
全く未知なグループも沢山ありました。

日本近代史のレクチャーありがとうございます。
ヤング720なんていう朝番組ありませんでしたか?
まだあとの話でしょうか・・・
フォークやニューミュージック編を
お待ちいたします ( ^^) _旦~~
Pochi
2009年05月17日 23:22
美々さん。
これ、ブラス思考の僕は自信持っちゃいましたよ~。
この翌々年に解散するビートルズをちゃんと聞出したのは、この翌年くらいですかね。
もっと早く聞きたかったなぁ。ビートルズ世代の人が羨ましかったですね。
フォーク、ニューミュージック編・・・・・。
これ、予告ではないです。やれたらいいなぁ・・・・ですよ。
期待しないで待っててくださいね。
Pochi
2009年05月17日 23:34
└|∵|┐高忠┌|∵|┘ さん。
ヤング720ありましたね。
関口宏、竹脇無我、松山英太郎、小川知子、由美かおる、大原麗子など、今考えると豪華すぎる人たちが交代で司会してました。
朝からGSガンガン流してたそうですが、残念なことに富山は放送してませんでした。
フォークやニューミュージック編は、自分のブログに飽きてきた時にやると思いまする期待しないで待っててくださいな。

2009年05月17日 23:52
1968年・・昭和43年・・高校卒業・・三億円事件。
この頃になると、GSがつまらなくなってきます。
何となく、冷めてきました。
私は、就職毎日仕事に追われ音楽を聴く余裕なし
そんなときですねもちろんギターのこと忘れています。
紹介された、曲バンドで演奏もしますよ
70年代のフォークやニューミュージックも耳に入らなくなりました。
一番ショックは、ビートルズの解散・・
山羊座が、バンド活動をするまでには、この時代から
30年近く後になる。
pochiさん、頭の中で時代が混乱してまとまりません。
でも、当時を思い出しました。ありがとう
春便り
2009年05月17日 23:57
思いがけず 昔を思い出し 楽しい時間でした
小5の孫は「僕のマリー」を知っていました
「相棒」の岸部一徳さんのことを話したら
信じてもらえませんでした 時代の流れです
ニューミュージックって
松山千春あたりですか
猫 雅夢 マイペース きりがありませんが
楽しみです
Pochi
2009年05月18日 00:08
山羊座さん。
激動の時代だったんですね。
70年のビートルズの解散の頃結婚されたんでしょうか。
バンド始められたの遅いんですね。てっきり若い頃からやられていたと思ってました。
いい時代も悪い時代も、どこかで流れていた曲が不意に口をついて出てきます。
Pochi
2009年05月18日 00:16
春便りさん。
そうですね。僕はガロ(美しすぎてやたんぽぽ、四葉のクローバー)、アリス(明日への賛歌や今はもうだれも)、かぐや姫(赤ちょうちんに22才の別れ)、拓郎から始まり、猫(雪や地下鉄に乗って)、雅夢、マイペースの東京は勿論、古井戸や千春、さだまさしなどなど・・・・。
懐かしいですね。今でもギターで当時を思い出しながら歌ってますよ。
いゃー、やっぱりニューミュージック編、やらないといけないなぁ・・・・。
2009年05月18日 00:29
まいど~。Pochiさんのおかげで記事一つ書けました。リンクさせて下さいね。
実力があってもビジュアルがいまいちだと売れませんでしたね。フォ-クとはそこが違うかな。ゴールデンカップスやズーニーブーは玄人受けしていてました。高校生になってFCに入った途端にタイガースは解散してしまいましたよ(T_T)。
でも解散コンサートは行きました。帰りの公衆電話の中にパンフレットを置いて来てしまった悲しい思い出は40年経っても覚えています。
2009年05月18日 00:35
いや~楽しかったです。
確かにこの頃から記憶が曖昧になってきます。
廃墟の鳩、いとしのジザベル、白いさんご礁、サハリンの灯は消えず…好きでしたねぇ~。今聞くと(@_@。ですけど…。

↑猫 雅夢 マイペース…
私も楽しみです。

Pochi
2009年05月18日 00:51
リサさん。
今読んできました。今考えると阿保らしい映画ですね。
でもなぜか見てるんですよ。
デートかな?
そのパンフ拾った人は、40年経っても天使のプレゼントだと思ってるんじゃないですかね。
2009年05月18日 00:59
Fチェスカさん。
音楽ってその時々の音なんですよね。
美味い下手ではないような・・・・。
ビートルズのニューヨーク公演なんて演奏レベル最低でしたからね。
でも、聞くといい気持ちになれる・・・・。
GSもそうやって語り継がれてきたんでしょうね。
ニューミュージック編・・・・。今年中には・・・・。
2009年05月18日 01:10
お金は無いけどいずれ買うようだから「 地デジテレビ、購入に補助制度が・・・もう、買っちゃいました?」記事をお気に入りに入れておきました。
お初なのに突然、用件から書き出しちゃってごめなさい。(外国人ではないです。(ん)が抜けただけ・・・リサちゃんちのコメント読んできました。
でも、今夜はお酒でも飲んだみたいに遊眠剤が効いてきてふ~らふ~ら状態。
不躾、お許しください。。。買うときは必ずここへもう一度来ます。
薬のせいで誤字脱字があったらごめんなさいm(。_。;))m ペコペコ…
2009年05月18日 08:13
ほとんどの歌を歌えるわ~
しばらくカラオケに行っていないな~
カラオケで歌ってこようかな~
年を取ってもこの頃の音楽を聴いたら若返りそう~
2009年05月18日 09:26
Pochiさんのレコードのボリュームに圧倒されました!
本当に凄い枚数ですね。
ところで、このレコード今も聴いているんでしょうか?
重いし場所も取るし湿気対策など保存も大変だと思いますが、
こういうものって思い出が詰まっていて捨てることは出来ま
せんものね。もうお宝級ですね。大事になさって下さい。
(ウン!このフレーズ、どこかで聴きましたね(笑))
koko
2009年05月18日 09:43
この頃、小学2年生なんですが、記憶にうっすら残るシーンはあります(;^_^A
ブルコメさんは、歌が上手なオジサンのグループだと思っていて、記憶が交差しているとは思いますが、クールファイブのオジサン達とはタイプが違うな~と感じていたような気がします。
沢田研二さんや野口ヒデトさんは好きだったかも…(・・;)
歌がとっても好きで、テレビから流れてくる歌は直ぐ覚えて唄っていたようです(^-^)

勘違いで暗い影‥相手と温度差があったってことですか?
えっ?聞くなって?
はい、失礼致しました(´∀`)
Pochi
2009年05月18日 10:21
さよちん
コメントありがとあるね。→僕も外人ではありません。
今は新製品が出たところなので、6月末~7月にむけて値下がりしていくと思います。次のチャンスは、ボーナス商戦が終わり、次の新製品のための在庫処理時期ですね。
8月末~9月くらいでしょうか。
個別にメッセージを下されば、デジモノ大好きオヤジがお応えしますよ。
これからもヨロシクです。
Pochi
2009年05月18日 10:32
もうヘトヘトさん。
この記事を作ってるとき、毎日通勤中のBGMはGSでした。
今日も聞きながら出社。
元気が出ます。・・・・ただ、時々声に出して歌いそうに・・・・・。
Pochi
2009年05月18日 10:35
ブルーカナリヤさん。
全部CDで買いなおしてます。さすがにシングルはないので、ベスト版になりますけど、全曲MP3にして、持ち歩いて聞いてます。今日も聞きながら出社。元気が出ますよ。
Pochi
2009年05月18日 10:39
kokoさん。
はははっ・・・・ふぅ。勘違い・・・・。僕はいつも前向きです。
「貴方は、やればできるんだから」の暗示もまだ解けていません。
マフラーは「・・・もしかして、おれ、もてるんじゃネェ」だったんですよ。大胆にも。
そんな態度だから、暗闇の20代が待っているわけです。何度失恋の歌を作ったか・・・。
ははは・・・・ふぅ。
さつき緑
2009年05月18日 10:54
おお!お疲れさん!頑張ったね、褒めてやろう~!
・・・って、これは、あのおっさん(ドラクエの王様)のまねだからね。
少しだけ、年上のお兄様だということに尊敬せねばいかんな?
2009年05月18日 10:59
さつき緑さん。
少しだけ・・・だけどね。
ちょっとですよ。わずかかな。まぁ、そんなに変わらんでしょう、40過ぎたら・・・。
ありがとうと素直に言っておきましょう。
2009年05月18日 12:45
それにしても凄い情報把握。
脱帽です。
個人的には平田隆夫とセルスターズがいいな~おっちゃん世代としては。
Pochi
2009年05月18日 13:05
テルテルさん。
何処までをGSと呼ぶかですよね。
「悪魔がにくい」 1971年8月10日発売 
「ハチのムサシは死んだのさ」1972年2月15日発売
両方ともオリジナル曲で大ヒットしましたよね。
年代的にはギリギリGS世代なんですが、オムニバスアルバムなどでは別扱い、GSではなく、歌謡曲グループのピンキーとキラーズと同様の扱いですね。
女性がいたからでしょうか?フアン層が違うという事なんでしょうか。その辺の曖昧さがGSがジャンルとして定着しなかった原因のひとつだったと思います
2009年05月18日 15:40
夢中になっていたGSでしたが、そのころの1~2年の記憶が塊のようになっていて、改めて整理ができました。
「少年ジャンプ」何度か読みました。少女マンガよりおもしろかったなァ~
「ハレンチ学園」ありましたね。映画にもなりましたよね???
加橋かつみ、好きじゃなかったけど「花の首飾り」好きでした。
2009年05月18日 16:41
ピンキーとキラーズ!中村晃子!の名前を思い出したので、幼い私はテレビの歌番組の中でしか見てなかったのかもしれません。
ニューミュージック編を楽しみにしています。
2009年05月18日 16:43
ケセラセラ子さん。
あの頃、「少年ジャンプ」は月刊誌として創刊されました。
少年マガジンとサンデー、少年キングは週刊誌で巨人の星、明日のジョー、ワイルド7など人気漫画がたくさんあったように思います。
女の子のジャンプフアンは居ませんでしたネェ。
Pochi
2009年05月18日 17:06
らすくさん。
ピンキラ、む中村晃子はブームのGSサウンドに乗せた歌謡曲としてヒットしましたね。
わーすれられないの~ あーのひとがすきよ~
※1968.07.20発売 作曲は「夜明けのスキャト」や「見上げてごらん夜の星を」のいずみたくでした。
虹色の~湖に~ 住むという、あのひっと~
1967年の曲ですね。
2009年05月18日 17:15
今日は。
なつかしいですね。それにしても力作でした。
虹色の~湖~~~耳に甦りました。
>バレンタインに突然手編みのマフラー(当時カップルで一つのマフラーってのが流行りましたよね)を貰った為、妙な自信を持ってしまい、この勘違いが、後々までPochiの青春に暗い影を落とすことになります。<
はいはい!
いったいどんな影を落としたのか、
知りたいのは私だけでしょうか?
2009年05月18日 18:26
ろこさん。
影ったって、そんな高級なもんじゃないですよ。
「青春の影」ってなんか曲名にありそうですよね。
20代はその勘違いのせいで、もてませんでした~。
とんでもない勘違い男だったんですよ。思い出すだけで赤面します。
バンドやればもてると思ったんですけどネェ~。
リチャード・クレイダーマンみたいにピアノが弾けたほうがよかった?
でも薔薇は似合いそうもないです。
2009年05月18日 20:29
Pochiさん
いつもお世話になっています。
今回は私の記事にコメント有難うございます。
旦那?根っからのひょうきん族ですよ。
疲れます
2009年05月18日 22:09
わあぁ~なつかしのG・Sワールドがさらにパワーアップしてる~~このページは懐かしの涙なしには見れませんもう眺めるだけでウルウルしてくるほど・・好きだったバンドが一杯!当時のショーケンやマモル・マヌー・・スパイダースのファンキーな曲が大好きでした。Pochiさんワールドでキラキラしていた頃を思い出しました。ありがとうございました
2009年05月18日 22:23
こんばんは~
本当にたくさんGSってあったんですね~
この時代活躍してた人で、まだグルプで活躍してるんでしょうか?
Pochi さんの歌は聞いてみたいわ~(絶対)
マフラーどうされたのかな??(笑)

2009年05月18日 22:40
こんばんは(*^_^*)
サハリンの灯は 今なお消えず 俺の心に 熱く燃える~

この歌は、妙に、私も好きでした(笑)
今、ここで見て、歌っていたグループを知りました。
それから、タイガースの最大のヒット曲が「シーシーシ」も
意外でした。
自分の中で、好きだった曲と、ヒットした曲はずれてるみたいです。

私も、高校1年生の時、マフラーを編みました。
好きだった人にあげました♪
Pochi
2009年05月18日 22:59
テルツマさん。
ひょうきんなテルテルさん?
全員、ひょうきんのような気がするのは、ぼくだけ?
Pochi
2009年05月18日 23:03
てんちゃん。
喜んでもらえたようでウレシイです。
がんばった甲斐がありました。ウルウル。
読んでもらった人みんな若返ったんでは・・・。
今度のカラオケは、GSで決まりですね。
Pochi
2009年05月18日 23:07
サマンサさん。
ワイルドワンズはまだオリジナルメンバーで演ってますね。
加瀬邦彦の経営する六本木のお店で、加山雄三もたまに出演するそうですよ。
ヴィレッジシンガーズもオリジナルメンバーでディナーショーとかやってるそうです。
たしかブルーコメッツも井上忠夫以外のメンバーで活動していると聞きました。
僕の歌ですか?
ギャラしだいですね・・・・。
マフラー・・・・・・・・・・・・・。うーーーーーん。
Pochi
2009年05月18日 23:16
さとこ♪さん。
この年のオリコンでGSがトップを取ったのはテンプターズの「エメラルドの伝説」とタイガースの「花の首飾り」と「シー・シー・シー」で、この曲がGS最後の1位になります。
前年はまだオリコンがなかったため、「ブルーシャトウ」はオリコンの記録外となっています。
そのマフラーを貰った人もきっと勘違いしてますよ。
2009年05月19日 00:43
エレキギターからフォークギターに。
音楽が急に演奏することも含めて身近になっていくんですね。
この頃。
そして、みんなで一緒に歌える歌が実に多かった。
2009年05月19日 06:54
GSのブームが意外に短かったのには、驚きました。
花の首飾りや、すみれ色の涙は、カバーだったんですねえ。
とても勉強になりました!!
私は、Pochiさんご推察どおり、チェッカーズ世代ですが。
フォーク&ニューミュージックも楽しみにしてます(*^。^*)
2009年05月19日 10:13
宙虫さん。
僕よりちょっと上の世代には歌声喫茶というのがあったと聞きました。
皆で喫茶店で歌ってたんですかね。
ジャズ喫茶や、GOGO喫茶(生バンドの演奏に合わせて踊れる喫茶店?)など、体験してみたかったです。
2009年05月19日 10:19
コメントありがとうございます。
GS時代は知らないのですが、皆さんファッショナブルですね。
ショーケンが可愛らしいポーズで微笑んでいるのは貴重ですね。
Pochi
2009年05月19日 10:20
ちっちとなっちゃん。
メロディアスな曲も多く、ロックバンドではなかったように思います。
バイオリンや、チェロなど弦楽器も多用されていました。
当時アメリカのバンド「シカゴ」はブラスロックという新しいサウンドを提供してくれましたが、管楽器を大幅に取り入れるGSグループは出なかったですね。
チェッカーズも好きでしたよ。カラオケでよく歌います。まぁ、僕にとってはらし目の曲なんですけど・・・もう20年以上前なんですね。ふぅ。
Pochi
2009年05月19日 10:26
dragon pearlさん。
そうなんですよ。皆アイドル。
ジャニーズのグループがみんな一緒に楽器持って出てきたという感じでしょうか。
最初の頃こそアマチュアバンドをスカウトという感じだったんですが、最後のほうは楽器をまともに弾けないグループもデビューしてました。
アメリカでは、モンキーズというバンドが、一切楽器を演奏できずレコーディングはベンチャーズがやっていたため、テクニックが凄いグループと勘違いされた事もありましたね。
2009年05月19日 18:42
長編でしたね。懐かしく読みました。
ちょうど中学の頃でしょうか?色々なグループ、全部懐かしい!今もカラオケで会長さんと「小さなスナック」をよく歌いますよ。
高校の時は、洋楽ポップスに夢中でした。「青春のフォークソング、そしてニューミュージック」は何でしょうか?
Pochi
2009年05月19日 18:53
たんぽぽさん。
同年代のようですね。楽しんでもらえたようで嬉しいです。
僕は、高校生の頃はアリス、ガロ、たくろう、かぐや姫などニューミュージックを聞き、自分でバンドを作って歌ってました。
今考えると赤面モノの歌詞にいい加減な曲をつけて、必死にもてようとしていた青春破廉恥時代でした。そういえばオカリナはその頃演奏に使った事ありましたよ。
でもカラオケは、GSに加山雄三、沢田研二と、ちょっと飛んでチェッカーズかな。
2009年05月19日 20:23
懐かしいですね~
「亜麻色の乙女」「すみれ色の涙」は
カラオケで歌いますよ~
どちらかというとGSよりデュオが好きでした~
特にトワエモア、ダ・カーポなど♪
2009年05月19日 20:26
あら~亜麻色の髪の乙女でしたわ~失礼 m(__)m
2009年05月19日 20:28
はじめまして。
気持玉ありがとうございました。
GS世代ではないのですが、以前とあるライブで若手のお笑いの方が「真冬の帰り道」や「落葉の物語」を歌っているのを聞いて、いい曲だなぁ~と家に帰って速攻検索した覚えがあります(笑)
2009年05月19日 21:34
こんばんわ。
今回の三部作、時代の背景も細かく記述されていて(Pochiさんの事も)大変楽しめました。
「白い珊瑚礁」の町田義人は映画のサントラとか「野生の証明」を聞いて一時期好きでしたよ。なんとなく渋かったしー。
次回作(?)の「青春のフォークソング~」も今から楽しみです♫
2009年05月19日 22:03
この頃の忘れているもう一つのグループ
それは、初代ジャニーズあおい輝彦、中谷良、飯野おさみ、真家ひろみ
ここから、いまのスマップに繋がる。
踊れて、歌えて格好良く憧れたなぁ
山羊座のバンド活動は、高校生時代1年半ぐらいと
その後、50才近くになるまで全くなし(出来ていたらもう少し上手いかも)
この年になって出来たのかもです。
Pochi
2009年05月19日 22:09
エーデルワイスさん。
「冬が来る前に」の紙風船や、チェッリッシュの歌もヒットしましたよね。
女性デュオだとシモンズの「恋人もいないのに」やベッツィ&クリスの「白い色は恋人の色」なんかもありましたね。
やっぱりこの辺りの事も書かないと、Pochiの青春は語れない?
Pochi
2009年05月19日 22:14
えびかのさん。
始めまして。おじさんの懐かし話、読んでいただきありがとうございます。
いつもは、こんなんじゃないので、これに懲りずまた遊びに来てください。
2曲ともいい曲ですよね。「落ち葉の物語」は、タイガースの「君だけに愛を」のB面でしたが、オリコンには2曲とも載っていたと思います。
Pochi
2009年05月19日 22:20
いしちゃんちの父さん。
「戦士の休息」ですよね。よかったな。
町田義人は遅すぎたGSでしたが、GS扱いされたことはかえってマイナスだったんじゃないかと思います。
フォークソングやニューミュージックも僕の中でははずせないんですよね。
いつかはやります。はい。還暦になる前にはまとめたい・・・。
2009年05月19日 22:22
ジュークボックスなんていう機械がありました。
コインを入れると、中のドーナツ版のレコードがスーッと運ばれて、盤の上に乗っかり、するとアームがやっぱりスーッと出てきて、ドーナツ版の上に乗る。そして演奏が始まる。
ああ 団塊!
Pochi
2009年05月19日 22:26
山羊座さん。
「なみだくんさよなら」や「太陽のあいつ」がヒットしてたと思います。
GSブームのちょっと前ですかね。GSブームの終わりごろにはフォーリーブスがデビューしてました。
ソロになってからヒットしたあおい輝彦の「あなただけを」(ガロの大野真澄が作詞)や「ジャニスを聞きながら」(荒木一郎の曲)好きだったなぁ。
2009年05月19日 22:48
こんばんわ。
>シングル一枚370円~400円の時代に買えなくて
お年玉で買って嬉しくて・・・。
そんなことふと思いだしてしまいました。
先日はレコード針のURLありがとうございました。
問い合わせをして見ようと思います。
花の首飾りってたしか、歌詞を公募したんだよね。
本気で応募しようかなって考えたりしたのが確か中学三年かなぁ~。
押しかけ訪問でごめんなさい。ありがとうございました。
Pochi
2009年05月19日 22:53
gakkokamen さん。
僕のアルバイト先に、1970年代もずっとありました。
ガロとか、甲斐バンドを聞いた記憶があります。懐かしいですねぇ。
今は、お店でCD流すのにもジャスラックへの支払いが発生するんですよ。
あの頃も、バンドでレコードの曲を歌ったかジャスラックへ申請させられていましたっけ。
なんか、音楽って・・・歌を歌ったり聞いたりって、もっと自由でもいいんじゃないかと思います・・・。
Pochi
2009年05月19日 23:00
風華さん。
あの頃、平凡とか明星といった月刊誌でよく募集してましたね。
加山雄三が曲をつけてくれるとか、タイガースが歌いますとか・・・。
僕は歌本が欲しくて買ってましたね。女の子向けの雑誌だったのでちょっと恥ずかしかったです。
レコード針も高かったように思います。今みたいに簡単に録音できませんでしたからね。
2009年05月20日 07:20
Pochiさん
家族全員ひょうきん族?いえいえ旦那(私)は真面目1本のバカ殿です。
バラ園のコメ有難うございます。
Pochi
2009年05月20日 09:54
テルテルさん。
顔を白く塗ってるとか?
テルテルさんのピース写真見ちゃいましたからね。
今更真面目一本といわれても・・・・。
テルツマさんは、お茶目な人だというのは判ります。
2009年05月20日 10:30
久しぶりです。復活するかな(笑)
記事楽しく読ませて頂きましたよ。もろその世代なもので。
懐かしいな~なぜか私の兄弟好きじゃなく私だけ、
やな顔されながら聞いてましたよ

Pochi
2009年05月20日 10:53
ゴン母さん。久しぶりです。いらっしゃい。
今そっちに顔を出してきました。
ゴンちゃんも落ち着いたようで何よりです。
この一ヶ月音楽を聞くどころじゃなかったと思いますが、この時代の音楽聞くと懐かしさとともに、元気が出てくるんですよ。お試しあれ。
MP3にしておくと便利ですよ。
2009年05月20日 11:26
知ってる曲が何曲かありました~!!
しかし、コメントの多さにビックリです。
知ってる顔も・・・
若い~
Pochi
2009年05月20日 12:57
み~さん。
え~っ。み~さんってかなりお若いですよね。
知ってる曲ありました?
コメントは、できるだけはやくお返しコメントするようにしてますが、なんせ気分とノリで綴っているブログなので、気長に見てやってください。
そちらにも遊びに行きますので、ヨロシクです。
2009年05月20日 20:20
聞いたことあるかな~という曲はちらほらありました・・
でも凄いとしか言いようがありません。。
Pochi
2009年05月20日 22:04
まこさん。
やり始めると止まらないんですよね。
ホントはまだまだ書き足りなかったりするんですが・・・・。
懲りずにまた来て下さいね。
2009年05月26日 21:24
はじめまして。
なにやらGS時代のジャケットがアップされているので懐かしく思い拝見させていただきました。
僕自身は、GSの少しあとの世代ですが、姉がタイガースでジュリーと叫んだり、のぐっちごろ~の世代なので、写真のジャケットには記憶のあるものが多いです。
などと姉を持ちだしてますが、カラオケではたまにですが、エメラルドの伝説を歌います。
みずうみに~、君は身をなげぇ~たぁ~などと。
これからも寄らせて頂きます。
Pochi
2009年05月26日 23:39
MONTAさん。いらっしゃい。
僕の弟くらいの年かな?
でも、GSそれもエメラルドの伝説を歌える時点で、もう立派なGSおじさんです(何かよく分かりませんが)。
たまにこんな長編も書きますが、基本的に楽しいことと、くだらないことを書いているので、暇なときは遊びに来てください。
これからもヨロシクデス。

この記事へのトラックバック

  • 我が青春の「GS(グループサウンズ)」そのⅠ 1966年編

    Excerpt: GSと書いてグループサウンズの事だと分かる人だけ読んでください。 そこの若い人、ガソリンスタンドではありませんよ(冷笑)。 和製英語もいいとこのGSですが、これに熱中した女の子と、この人気にあやか.. Weblog: 髭面オヤジの逆襲 ~ポチの「ひとりごと」~ racked: 2009-05-17 22:52
  • 我が青春のGS そのⅡ 1967年編

    Excerpt: オジサンのあの頃は良かった話の第2回目です。 まだまだ懲りずに続く、今回は1967年編。 グループサウンズという言葉がGSとして定着した年です。 「我が青春のGS(グループサウンズ)そのⅠ 19.. Weblog: 髭面オヤジの逆襲 ~ポチの「ひとりごと」~ racked: 2009-05-17 22:58
  • ブログの写真。フリーウエアで綺麗にリサイズ。

    Excerpt: この2週間は土日を連続で休むことが無かったので、昨日から久しぶりにダラダラ・・・。 ゲームをしたり、古いPCの設定をゴソゴソ。 テレビの録画とゲーム専用機にするつもりなんですが、居間の42インチテ.. Weblog: 髭面オヤジの逆襲 ~ほぼ週刊「ポチのひとりごと」~ racked: 2009-07-12 02:06
  • 栄光の東宝特撮映画!! ゴジラも来たよ! 他etc.

    Excerpt: また始めちゃいました。デ○ゴスティーニの陰謀・・・。 この陰謀好きなんですよ。上手いところを突いてきます。前回はウルトラマン(こちらはDVDなし。付いてても申し込んでますね、というか欲しい!!)。 .. Weblog: 髭面オヤジの逆襲 ~ほぼ週刊「ポチのひとりごと」~ racked: 2009-10-03 00:42
  • 10代に口ずさんだ歌を、人は一生、口ずさむ。

    Excerpt: 久しぶりにデジモノ買っちゃいました。 SONYの新WALKMAN。テレビで新垣結衣ちゃんがCMしているやつです。 ピカピカのデジモノ・・・。ふふふっ。 で、何を聞いているかというと、10代から2.. Weblog: 髭面オヤジの逆襲 ~ほぼ週刊「ポチのひとりごと」~ racked: 2009-11-15 13:52
  • 馬場俊英ファン!

    Excerpt: 馬場俊英 は、“ロードムービーのように情景を描き、青春映画のように心情を紡ぐ” 。 Weblog: 馬場俊英ファン! racked: 2010-03-16 16:19